REPORT

[スタッフレポート]戸口佳寿勇Vol.11目立ってなんぼ「GWのキングフィッシャーへ!」

 皆さんこんにちは!カズオです(^^)
少しタイムリーではありませんが、皆さんは今年のGWは満喫できましたか??
今年は長期お休み「10連休の方も多く」家族で旅行したり、友達と遊びに行ったりとか・・・

勿論、僕は釣り三昧のGWでした^_^♪
そんな長い連休の狭間に訪れた「栃木県のキングフィッシャーさん」での釣行レポートを今回はお届けしたいと思います(^^)

当日は釣り日和な晴天でしたが、時折強風が吹き、スプーンをゆっくり巻くには少し厳しい状況・・・なんですが、そんな状況下で、セレクトしたスプーンは・・・

メッシュの1.1gと0.8g

勿論 メッシュでラッシュでした(笑)

なぜメッシュをセレクトしたかと言うと、メッシュ1.1gのスリムな形状が、強めの風の中でも風を切り飛んでいってくれるのでキチンと飛距離が出て、沖の表層にたまった活性魚にしっかりとコンタクトできるからです。結果、釣り辛い状況でも釣果を落とさず釣っていけました!

そして風の弱まったタイミングでは重さを落とし「メッシュ0.8g」を多用します。本来ならポディウム0.9gや0.8gなどのマイクロスプーンの出番ののですが、どうしてもゆっくり巻いてあげなければならず、少しでも風が吹いていると、ラインが風に煽られて思った様にスプーンをトレースできないことも多々ありますが、メッシュ0.8gは他の0.8gよりも早く巻く事が出来るので、強風はちょっときついですが、多少の横風なら、気にせず使用できます(^^)

更に、マイクロスプーンのウエイト感で表層を早く巻くことによって魚にスイッチを入れてしっかりとしたバイトを出す事が出来るのです!

1.1gの方が認知度のあるメッシュですが、流石の亀仙流、0.8gもしっかりとした釣果を出せるスプーンなので是非試してみてくださいね(^^)v

因みに、その日の午後に開催れた釣り場さん主催のプチ大会でもメッシュで放流魚絡みの高活性魚を取りつつ、実績と信頼のもはや僕のキングフィッシャーさんのお決まりルアー

ピコ・イーグルプレーヤーF で挑み

得意のアプローチ法・・ピコ・イーグルの表層0センチ引きで見事に

勝利する事が出来ました!! 

最近はキングフィッシャーさんでも使う方が着実に増えているので嬉しい限りです(^^)v なんせ僕が広めているからです(笑) 自慢とアピールです(笑)

これからさらに表層がアツくなる季節!是非メッシュ1.1gと0.8gでメッシュでラッシュを楽しんでくださいね!!そして合間で必ずピコイーグルプレーヤーFも投げましょう(^^)v 必ず美味しい思いが出来ますのでお忘れなく(^_-)

そ、し、て、2019年初夏、

ついに発売になりました「ピコ・チャタクラMR」!

約2年の歳月をかけテストにテストを繰り返した僕の待ち望んでいたマイクロクランクが世に出ました!ピコ・イーグルだと表層すぎて、もうちょっと下のレンジを攻めたい時、ファットチャタクラMRだと動きとシルエットが強すぎる時、そんな痒いところに手が届くマイクロクランクですので是非手に取ってみてください(^^) 

※ 因みに、上記の画像 左がピコ・チャタクラMR 右がピコ・チャタクラDR

この夏の表層攻略をさらに楽しいモノにしてくれる事間違いなしですよ(^_-) 

実はこのピコ・チャタクラMRにはヴァンフック社の新しいフック「BC-33zero #8」が標準装備されています。刺さり抜群のワイドゲープが小さなアタリも逃さない、そしてフックポイントが立ちやすいアップアイ設計。小さくて愛敬のあるピコ・チャタクラもシリーズが増えて隙間なく攻略できます。通常のF&SS 限定のSSS そしてMR 4兄弟の末っ子に位置する役割は勿論、悶絶タイム打破です。

発売されたばかりの「ピコ・チャタクラMR」を引っさげて管理釣場へGOです。

DSカズオでした(^^)