REPORT

[スタッフレポート]戸口佳寿勇Vol.9目立ってなんぼ「シルエットの必要性!!」

 皆さんこんにちは!
フィールドスタッフの戸口カズオです(^^)

エキスパートシリーズも近づき、
完全に抜けきってしまった試合勘を取り戻すべく、ウォーターパーク長瀞さんで行われたサブポンドゲーム第1戦に参加させていただきましたので、レポートしたいと思い
ます(^^)

どこの大会に出ても大抵の大会は1回戦は放流ラウンドである事が大概だと思います。
WP長瀞さんの大会も例外では無いのですが、
WP長瀞さんの大会あるあるで、放流魚は大体が2回戦以降に動き出し、スピードが遅く、
WP長瀞さんといえばマッディウォーターなので、シルエットとスピードの両方を落とすと極端にバイトが減る傾向にあります。

そしてWP長瀞さんの大会では、大会の進行をスムーズに進めるために、サドンデスがなく、同引数場合は試合中の最初の1本目を釣った方が勝ちとなります。
これが地味にプレッシャーになるのですが…

と、言うことを踏まえたうえで、

1回戦はA〜C組まである中でA組でのスタート。
放流は入ったもののまだまだお仕事をする気分ではなかったようで、シルエットを残しつつ、ゆっくり見せられるポディウム0.9gで1本とって辛勝。

2回戦も、1回戦の魚のイメージでポディウム0.9gで6本取って、ガメクラ、ピコチャタクラDR Fで1本づつ取って勝利。

準決勝前に放流が入りましたが、朝より暖かくなり魚も動きやすいだろうと予測して、
マリーダ1.3gで連打からの、やはりポディウム0.9gがハマり勝利!

満を持しての決勝戦も、ポディウム0.9gの連打と合間でのガメクラで、トップ釣果に!

…が、トップ釣果が3人の為、WP長瀞さんのサドンデス無しルールが適用となり、3位となりました (^_^;)

結果としては悔しい結果となってしまいましたが、
1日を通してポディウム0.9gがベストマッチし、ポディウムの名前の通り表彰台へと連れて行ってくれました^_^

活性があるけれどスピードが遅い魚に対して、
シルエットで魚に気づかせて、ゆっくり見せて誘えるポディウム0.9g

すごく効果的ですので皆さんも是非試してみてください(^^)

参加された皆様、協賛メーカー様、WP長瀞様ありがとうございました。

この表彰台をキッカケにいい流れに乗ってエキスパート戦を迎えられたらと切に願うDSカズオでした(^_-)

頑張ります!