REPORT

[スタッフレポート]戸口佳寿勇Vol.26目立ってなんぼ「OFCカップとカズオカラーと…」!

皆さんこんにちは!

戸口カズオです、、、、、(;^_^A

最近色々な場面で『カズオさんですか?』ってお声がけいただける機会が増え、嬉しい反面、いつお声がけ頂いても恥ずかしくないように、パターン見つけて一人でニヤニヤしながら釣りをしてたり、口開けながら釣りしてたり、鼻毛出てたりしないように身を引き締めているカズオです!もし、僕のそんな場面に出くわした際には、コッソリ教えてくださいね笑

さて、僕のそんな話はさておき、先日行われたOFCカップ第2戦に参加させていただきました!

昨年の奇跡の総合優勝に味を占め、あわよくばの2連勝を期待しての参戦の結果、準々決勝敗退という欲に溺れた結果となりました…

とはいえ、そんな惨敗の中でも収穫があって、大会と言えば放流狩り、放流狩りといえば、前回のレポートで触れたカズオ放流カラー!前後半計24分で、ロニサ3.3gの『PYROMANIA』とロニサライト1.8gの『1蘭』だけで怒涛の19匹を獲るることが出来ました!我ながら釣れるカラー作っちゃいました(^^)v 今回のOFCカップもDSルアー達が大活躍した1日となりました(^^)

次戦はコレに僕自身の結果も付いて来るように頑張りたいと思います 汗 と、言うことで前回のレポートでちょい見せし、OFCカップでも大活躍だったカズオカラーの詳細をご紹介(^^)

 

『PYROMNIA』

プロトの段階から超高実績なこのカラー!

他のいわるゆる『放流カラー』と投げ比べてもアタリの出方が大きく、バイトが大きいが故にアングラー側が大きなアクションで掛けに行かなくても、しっかりフッキングしてくれるそんなカラーでございます(^^) 入れ時はもちろん『放流ファースト』 放流が入ったらまずこのカラーを投げてくださいね!!

 

『1蘭』(いちか)

黒金カラーで、俗に言う『放流セカンドカラー』です!  放流ファーストカラーでアタリが減ったり、ランディング直後に勝手にフックが外れてしまったりしたタイミングを目処に投入してもらえれば、アタリが復活し、バイト質も大きくなりますよ(^^)v

 

『2楓』(ふうか)

カズオ的クリアウォーターでの放流からのスプーンローテーションのサードカラーのベースは青銀系のカラー!トーナメントだと、放流ファースト、セカンドとカラーローテーションをしてある程度放流魚を釣り、最後のダメ押しで青銀系カラーで放流魚と、放流によって活性の上がった残存魚を獲っていくようなそんなイメージで使っています!その他には放流量が少なかったり、釣り座的に放流魚が抜けてしまって、そんなに放流カラーで連れ続かなかった時は、セカンドカラーを飛ばして青銀系を投入する場面もあるので、そう言った場面ではセカンドカラーともなる色ですね^_^

 

といった3色で、どの色もトーナメントでもプライベートでも放流からの流れで欠かすことの出来ない3色です!

プラグ3色も含めて、僕だけの独り占めカラーとして取っておきたい位自信カラーになりました!笑

ぜひ皆さんも使ってみて下さいね(^^)

 

そしてそして、次回カズオカラープラグ編!!の前にカラーだけご紹介します!!

左から、『Catch the moment』『完全大芦Dreamer』『インドア風チキン』

プラグのカラー名は長めです^^;笑 使い所等は次回レポートをお楽しみにしていてください!

DSカズオでしたー!