REPORT

[スタッフレポート]戸口佳寿勇Vol.17目立ってなんぼ「程よいのがちょうどいい」

みなさんこんにちは!

戸口カズオです!戸口カズオです!戸口カズオです!

最近 あまり活躍の場がないので名前だけは皆さんの記憶にすり込みたいと思います。

さてさて、気がついたら今年もトラウトシーズン中盤、、、月日が経つのは早いですね(^◇^;)

そんな先日、埼玉県特有のプールでの管理釣り場、川越水上公園さんへ釣行してきました!実は僕と水上公園との関係は縁があり川越水上公園さんが、僕の管理釣り場デビューの地であり、エリアトラウトにどっぷり浸かった、きっかけをくれた始まりの場所なのです(^^)v

そんなカズオ出生の地、川越水上公園さん・・・・ここ「水上公園フリーク」とも言われる程の人気があり、水上公園独特の楽しみ方もあります。唯一他の管理釣場との大きな違いは、2週間に1度のトラック放流のみです。基本的な管理釣場様の放流は毎日適量を放流していたりお客様の数にあわせて放流したりと臨機応変な対応が可能だと思います。しかし、水上公園系は魚をストックしておく場所や水の循環システムの都合上それが難しく結果およそ2週に1回のトラック放流が実地されて我々を楽しませてくれています。

それをふまえて僕が訪れた日は、週末にトラック放流が予定されている平日・・・・・・!

おわかりだと思いますが、ほぼ2週間ルアーを見させ続けられたニジマス達をどう攻略するかのテーマを掲げ練習です(^^)

まずは多目的プールに釣り座を構え、魚がスレている前提で、喰わせのカラーを中心にクランクやミノーなどあれやこれやを試しますが、中々テクニカルな状況…メンタルのトレーニングになる予感がしたのですが、ふと思いつきでMUTのモンシュシュイエローをボトムをトレースするイメージで投げるとコレが大当たりで、1投1匹とまではいかないものの、今までの沈黙が嘘のようにずっと釣れ続いてくれ、結果的に1日ずっとMUTのモンシュシュイエローと、コゲチャートの2枚だけで釣り続けることが出来ました!

#Mt-07モンシュシュイエロー

#Mt-05こげチャート

上公園にいかれる方は是非 試してみてください。キャチフレーズは「ムートでもっと」です。

MUTの程よくアピールのあるサイズ感と、ロッドポジションで変化する動きの強弱に、その日のカラーパターンが、スレてはいるもののその中でも活性のあった魚に対してとても効果的だったんだと思います!

この日はプラグ系への反応がすこぶる悪く、プラグ大好きっ子の僕にとっては絶望的にも思いましたが、MUTのおかげで楽しい釣行となりました^_^

そして、川越水上公園さんは多目的プールの他にも、流れるプールを利用した流水エリアや、波のプールを利用した遠投必須の造波エリア(波はありません)もあり、多目的プールでダレてきたら、造波エリアでロニサ4.8gを誰も届いていないであろうポイント目掛けて大遠投し、大型マスを捕獲したり、この日はやりませんでしたが、色物も多数入った流水エリアはミノーイングなんかも楽しめます(^^)

そして何よりサラリーマンアングラーに優しいのが1日券が2620円!安い!

放流の頻度こそ少ないですが、ちゃんとやればキチンと釣れるのでオススメの釣り場さんの一つです(^^) 実は僕もちょくちょく行ってるので、見かけた際はお声掛け頂ければ、その日のパターンとかお教えしますよ!(パターンを掴んでいればですが…) 更に、あの森田Pも実はその昔 通いに通いまくっていたようでローラライトは水上公園でテストをして仕上げたとも言われています。

さて、エリアトラウトシーズンも中盤、てことはトラキンシーズンも中盤!

今週末はトラキン地方予選DNRカップ「ディスプラウト・なぶら家・ロブルアー」が東山湖フィッシングエリアで開催されます。この大会の魅力はチーム戦。3人1組で戦う非常に面白みある試合となります。チーム戦の良いところは自分がダメでも仲間が爆釣すれば勝ち上がれる事。勿論、その逆の展開も・・・(^^)v とにかく優勝すれば3名同時にエキスパートに昇格できる心温まるストーリーが待っているのです。現時点ではあと3枠残っているようですので3名集めて東山湖でエントリーをしてみてはいかがでしょうか? 勿論、僕もチームを組み参加します。チーム名「仮想冨田塾」。先日のトライアルなら山で仲間の一人がエキスパートを決めたので僕も続きたいと考えています。メンバーは僕を含め冨田塾のサイババと我らが亀さん・・・・この3名で優勝目指して頑張りたいと思いますが・・・・・・

若干焦りの出てきたDSカズオでした!笑