REPORT

[モニターレポート] 大堀公之Vol、9「ピコ・チャタクラの使い分け」!

皆さんこんにちは!DS大堀です。

先日、ハーブの里FAさん に遊びに行ってきました。

ハーブさんには以前は良く遊びにいっていましたが、最近はご無沙汰していたので

久しぶりの釣行となりました!

当日は平日だっため放流はなく、朝はマリーダ、メッシュのボトムからの、巻き上げが

良かったです!

リアクションジャバーDSべビーバイブのボトム攻略もききました(^^)v

暖かくなってさかなが動き出したらクランクの出番(’-’*)♪

最近どこに行ってもピコチャタクラが絶好調です!

やっぱりハーブの里の魚もピコチャタ大好きみたいです(笑)

ここで私なりのピコチャタの使い分けをお伝えします。

 

F、SS、SSSと3種類ありますが、基本的には狙うレンジで使い分けています。

中層まではFとSSS。中層より下はSSといった具合に使い分けます。

レンジ以外の使い分けで最近注目しているのが、動きの使い分けです!

小さなボディ故に、僅かなウェイトの違いで動きが変わっています。

イメージとしてFはクランク的にブリブリと魚にアピールさせて

SSとSSSはより喰わせを意識して、魚に食べてもらうイメージで使います。

Fはある程度ルアーの力で魚を寄せられるので、まずはFでレンジ、速度を把握して。

魚がスレてきてルアーの動きを嫌うようになったら、SS、SSS速度とレンジを調整

していきます。

 

SSとSSSはアピールが少ない分、ハマった時の爆釣は何度も経験させてもらいました(^-^)

こんな細かな使い分けができるのも、豊富なラインナップのディスプラウトの特徴です!

 

とまぁそんな感じで釣りを楽しみつつ、お昼には美味しい刺身と塩焼きを食べれて大満足

な1日でした。

 

さぁトラキンがんばろう(^^)v的なDS大堀でした。