REPORT

【極東ロシア】 コッピ川 釣行 パート2

極東ロシア釣行 2日目・・・・・・

この日は、ハバロフスクから一気に目的地のコッピ川河口のロッジを目指します。

ハバロフスクで一泊した我々は、朝一から国内線の18名乗りセスナ機に乗り込み

ソヴェツカヤガバニエアーポートに移動します。「約2時間半くらいの空の旅?」

聞くと、世界でも最も墜落率が高い飛行機とか・・・・・・↴ 不安は募ります。

この便「飛行機」は、地元民最優先機の為、我々日本人はおじゃまする感じで乗り

込みます。  因みに帰りは手配の都合がつかず乗れませんでした↴ 

凄く不安な空の旅を終え着いた先は・・・・・・ロシアのおっさん達が数名で運営して

いる程度の荒れた空港・・・・・。

この時点で「本当に来てしまった」と初めて実感が湧いてきました。

 

空港を出るとフィッシングガイド達が待っていてくれて約一年振りの再会に声を張り上げ

喜びを表す他のメンバー達・・・・・・(^^)v そして、各ガイドと初めて会う私とも

握手を交わし8日間の滞在を共にするご挨拶をさせていただき気さくな感じにまずは安心。

その後、車2台に分かれて荷物を積み出発します・・・・・・。

30分程走ったあたりで、日本で言えばコンビニ?的なお店に寄り、水やジュース

ビールなどを大量に買い込み町景色とは裏腹に寄り原生林の続くデコボコの林道を

ひた走りコッピ川中流のロッジを目指し約3時間のロングドライブとなりました。

因みにこの画像では解りにくいと思いますが、尖った石がゴロゴロとした悪路で、

良くパンクするらしいのですが、運良く今回の我々はノーパンクで辿りついたと

の事・・・・。

とにかく揺れるロングドラブもさほど憂鬱にもならずに到着。てっ言うか本当に

引き返せないところまで遂に来てしまった実感が更に大きくなってくる。

いろいろな意味でちょっと不安な私・・・・・の表情(笑)

そして、初めて見るコッピ川・・・・・・少し濁りがある感じだが水質はクリアー

茶色に見えるのはタンニンの成分が混ざり そのせいで少し濁ってみえると

教えてもらう・・・・・。 森が豊かな証拠・・・。水量は若干の減水傾向・・・・

既に慣れたメンバーとガイド達が早々に舟に荷物を移し、これからコッピ川の河口の

ロッジを目指し約2時間 クネクネした太古から流れる川「直線距離にして約25キロ」の

コッピ川のライン下りとなるので、水に濡れても大丈夫な、我々的な戦闘服に着替え

完全防具でいざ出発です。 「噂ではこれが一番寒いと聞くタイミング」

和船タイプの16フィートくらいの船に搭載されている30馬力のウォータージェット

エンジンの船外機。川底をのぞき込むと思っていた以上に浅い・・・・・

勿論、深場もあるが基本的には浅いラン「瀬をガンガン下る」のでスリリング度はかなり

ある。よって舟のハラをすることも度々ありジェットエンジンを使う理由が理解できた。

因みに、舟で下っている間の天候も目まぐるしく変わります、晴れたり曇ったり霧雨

だったりと曇ると一気に気温も落ち10度以下になります。よってレインジャケットの下には

ダウンを着込み何とか寒さには対応できましたが冷たい空気と舟の走る速度の風を受けて

半分 罰ゲーム的になり最初のワクワク感はしだいに消え皆無言で皆下ります。

時折、虫の大群圏を数回突破します。

蚊なのかブヨなのかとにかく無数の小さな虫達があたってきて痛いです。

更に、この画像の両サイドの原生林は自然動物の世界・・・・クマは勿論、自然界最強とも

言われるシベリアンタイガーが住む世界が広がります。

そんな、クネクネとして原生林の中を流れる川を下る感じは、ディズニィーランドの

ジャングルクルーズにもに似ていますがスリリング度では危険極まりない状況・・・

一度 落水すれば命の保障は全くないとのことでした。

キツイカーブでは体重移動をしながら舟を傾け曲って激流を下るのです。

そして、やっと穏やかな流れに変われば眼下に広がるコッピ川の河口の風景・・・・・・。

上陸して遂に辿り着いたコッピ川を体いっぱいで吸収して喜びを噛みしめます。

そして案内された、我々が滞在するロッジ・・・・。とても快適でした。

    

到着後、旅の疲れを癒す為にメンバー全員で裸の付き合い(笑) 

ここではサウナとなります。限られたお湯を大事に使い、1人「おけ一杯」で

頭から体まで洗い流します。

その後、ロッジでのんびりしていると鐘を叩く音と共に夕食の合図となります。

食堂に行き到着初日の宴の始まりです。

食事も確りとシェフが滞在しているので、我々の為にロシア料理を中心に

とても美味しい変わったメニューを毎日提供し振る舞ってくれます。

ここで、この釣行のメンバーをご紹介・・・・・・ (^^)v

右から、静岡の川口氏。そして、ショップ経営「エクスプローラー」を営む石関氏

テーブルセンターは、この旅のリーダーであり頼れる凄腕アングラーの澤田氏 

その左がエム・アイレ代表のトラウトの鬼 正影氏 

続いて、私・・・・ で、一番左が私と同じく初参加のフォレスト家泉氏 

の合計6名の釣りパーティー 明日から各々の重いを込めてコッピ川に立ちます。 

 因みに私とフォレスト家泉氏 以外はコッピの常連組^^; いろいろアドバスもいただき

明日からの釣行に期待が上がりますが、中でも、正影氏と澤田氏はこの旅のルートの

火を20年以上も灯し守り続ける超常連のスペシャリスト。彼ら無くしてこのコッピ川が

語れません。

 

過去にメーターオーバーのタイメン「イトウ」を釣り上げ動画でも紹介された

雑誌ギジィの「ロシア・コッピ川 シーマ&タイメン」の中で釣り上げた澤田氏の

メーターオーバーのタイメンは圧巻・・・・・!

更に正影氏はこのコッピ川を訪れた手つかずの当初時代には80シーマ「サクラマス」も

釣り上げていている実績の持ち主・・・・。

そんな正影氏は言う「僕がコッピ川を訪れる理由はガイド達に会いに行く為だと」・・・

場数を踏んだ人だから言えるこのコメント・・・・。素晴らしいです。

 

そんな私にも夢を与えてくれるコッピ川は既に目の前を流れている。

海外釣行とは言え必ず釣れる訳でもなく日本よりは確立が若干上がる程度・・・・。

毎年 訪れているメンバーも良い時もあれば全くダメな時もあったと聞く・・・・。

明日からの6日間の釣りで「いったいどんな魚達」と出会うことができるか・・・・。

 

パート3へ続く・・・・